ドテラでおむつかぶれを優しくケアしよう

ドテラを家庭に取り入れて5年目。今回ご紹介するレシピは、私も実際に我が子に使っていたものです♩

この記事では、ステロイド、家庭でできること、レシピ、作り方、注意点、オススメの容器について書いていきます。

「赤ちゃんのお尻を守り隊」のみなさん、ぜひ最後までご覧ください♡

ステロイド

赤ちゃんのおむつかぶれや、男の子だとおちんちんの裏、どうしても荒れてしまいますよね。

私も悩んでいた母親の1人です!

病院へ行くと、皮膚トラブルは基本的にステロイドを処方されますね。息子も一度かなり荒れてしまったことがあり、処方されました。

ステロイドについて看護師さんから説明があったので、それもシェアしておきます。

  • ステロイドは人体でも少し作られている
  • ダラダラと長引かせずすぐ治るようにしっかり塗ること

でした。あとは塗り方の説明。

私はステロイドを使ったことがなかったので、「すぐ治るなら」と思い使用してみました。かぶれているの可哀想だし、すぐ治して使うのをやめようって。

使ってびっくり。すぐ治る!ステロイドすご〜って素直に驚きました。

しかし、治ってもすぐにかぶれるんですね。結局再発するので、またステロイドを塗ることになります。確かに塗ればすぐに治るけど「結局無限ループじゃーん」って。このままでは長期使用になるだけです。

危険だとか云々よりも、治らないのにリスクのあるものを使い続けることに「これはダメだな」と思いパタリとやめました。

家庭でできること

最近の病院はWEB予約がメジャーですし、荷物をたくさん持って子どもを連れて行くのも大変。診察までや処方箋の待ち時間もあります。風邪や感染症を病院でもらうケースだってありますよね。

もし家庭でできることがあるなら選択したくないですか?
お医者さんにしかできないこと、お母さんやお父さんにしかできないこと、それぞれあると思うんです。

選択肢を増やすというのは、医療に反対するとか、医療に代わるものだとか、薬はリスクだから怖いものだとか、そういうことではありません。災害時などで医療が逼迫したときも、選択肢があればできることがあるかもしれませんよね!
もっともっとシンプルに考えて欲しいなと思います♩

まずはすぐにできること。
夏は特に荒れやすいので、オムツ替えの度にお湯で濡らしたガーゼで優しくポンポン拭いてあげていました。

布おむつにすればそういうのも解決したのかな?2人目はやってみようと思います!

あとは植物の力でできること。
ドテラのエッセンシャルオイルは赤ちゃんから使用できます。

ラベンダーのクリームは作って塗っていましたが、もっと力になるレシピがあるのでぜひ真似してください♩

用意するもの

  • ラベンダー
  • ローマンカモミール

↓下記どちらかで作ります。

  • ハンド&ボディローション
  • ココナッツオイル

容器は

  • クリームならクリーム容器
  • ココナッツオイルならスポイト式容器

ラベンダーとローマンカモミールが赤ちゃんに使うエッセンシャルオイルの基本です。様々なシーンで使えるので常備しておくと助かるでしょう。

レシピ

クリーム

  1. 容器にハンド&ボディローションを入れる
  2. エッセンシャルオイルを加えてよく混ぜる

ココナッツオイル

  1. 容器にココナッツオイルを入れる
  2. エッセンシャルオイルを加えて蓋をする
  3. 容器をゆっくり振って混ぜる

エッセンシャルオイルは1滴でもパワーが大きいので、多ければ多いほど良いということはありません。お子さんの月齢などに合わせて調整してください。

使いかた

お風呂上がりに保湿剤的な感覚で使います。

お尻以外にも全身に使うことができます。
「お尻用」「顔用」「身体用」というように分ける必要がないのが良いですよね。パパが間違えて塗っちゃうとかもなし!だって全身に使えるから♩

そして日頃のお風呂での話。赤ちゃんの肌に限らず、洗顔やボディソープなどで綺麗にしすぎると、常在菌まで綺麗になくなってしまうので注意してください。

容器はこれを使っています

容器を選ぶ基準は、ガラス製遮光タイプです。

そして作りすぎは要注意!「手作りはこまめに作る」と覚えていてくださいね♩

クリーム容器はこちらを使用。
個人的に内蓋は重要。30gだとすぐなくなるので50gくらいがオススメ。


スポイト容器は15ml~30mlがオススメ。
個人的な感覚としては15mlだとすぐなくなるので20ml以上推奨です‼︎

フェミニンケア、日焼け止め、ヘアオイル、様々クラフトで使えるのでたくさん入ったものを買っても必ず使うしお得です♡

可愛いのも大事ですよね♡
これも実際に使っています‼︎が、可愛いとやっぱり値段は上がります(笑)